忍者ブログ
GENKOTU-DAN OFFICIAL SITE
~稽古場覗き穴~ 
げんこつ団HP内“稽古場覗き穴”の団員ページ
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

812750d1.jpeg

皆様、如何お過ごしでしょうか。

いよいよ咲きました。東京も桜の開花宣言で御座います。
春です。誰が何と言おうと、春到来です。
誰が何と言おうと、寒さが苦手なワタクシは、心踊りまくります。

心踊るワタクシの先週は、前回記した様に
【稽古が始まる前に、会いたい人に会っておこう期間】続行中で御座います。
その間で、世田谷パブリックシアターに【春琴】という舞台を観に行って参りました。
この舞台は今回再演で、主演は深津絵里さん、演出はサイモン・マクバーニー氏。
前回の上演で大絶賛だったそうで、ワタクシはとある役者さんにチケットを譲って頂き、
初めて拝見致しました。

谷崎潤一郎の「春琴抄」「陰翳礼讃」という日本文学をもとにした脚本を、
イギリスの演出家が演出するという、
ワールドワイドで、時代を超越した感覚になるかと思いきや、
ワタクシ…あまりにも素晴らしくて、泣きました。
全てが素晴らしくて、舞台とは素晴らしいという再認識と、
演出の凄さにワタクシの知っている世界など未々狭すぎると、
悔しささえ覚えました。

何でしょうか…、ワタクシにとって非の打ち所がマルでない、
脚本も役者も演出も声も言葉も効果も衣装も間も空気も…
全部が計算され尽くして表現されていて、そして押し付けがましくなく、派手過ぎず…
久々に凄いものに出会った感覚で、ワタクシ泣くことしか出来ませんでした。

いやぁ~、未々ワタクシ、精進が足りませぬ。
ワタクシ、未々自分の未熟さを恥じねばなりませぬ。
そんな感涙と悔しさを覚えたワタクシにとって、先週はちょっとピリリとした転機となり、
暫くは【人生これ精進、世界は未々広い】をモットーに
桜で心踊るものの、浮かれ過ぎずに過ごして参りたいと存じます。はい。

さてさて写真は、春到来で咲き出した花韮(ハナニラ)の一枚。
花韮はユリ科の植物とのこと。
形や色合いがワタクシ好みで御座います。

そして、舞台【春琴】のフライヤーとパンフレット。
あぁ、素晴らしい。

それでは、また次回に。

続く

545e5fdc.jpeg
PR
■カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
■ブログ内検索
■バーコード
忍者ブログ [PR]